Exhibition November 2021

2021年11月に日本橋茅場町レクトヴァーソギャラリーにて行われた

Graphic Art exhibition「クリエイティブ表現の現在」に出展した作品です。

物質に偏った世界に生きる私達ですが、そんな「現在」だからこそ人々は信仰を求めるのかもしれません。

また、信仰とは何かを考え、追求することに生きるヒントがあるのかもしれないとも。

そんなわけで、物質社会の現在におけるクリエイティブとして、聖書をテーマに制作しました。

多くの宗教画のモチーフとなったシーンを、平面的に、グラフィカルに。
また、空気や感情を渦と曲線で表しています。

​作品は販売も行っていますので、気になる方はメールフォームよりご連絡ください。

3/25
3/25

3月25日はイエス・キリストの誕生日から逆算して、受胎告知の日と定められているそう。

press to zoom
Holy, holy, holy
Holy, holy, holy

ヨハネの黙示録に描かれた天上の光景に、セラフィムが絶え間なく主を讃えている様子があります。 最も高い階位にあるセラフィムには6枚の翼があり、2枚で頭を、さらに2枚で体を隠して、残りの2枚で羽ばたくとされていますが、常にその状態でもなくたまには覆っている羽をパサパサしたりもするのでは、という絵です。

press to zoom
the Holy Spirit
the Holy Spirit

洗礼者ヨハネによってイエスが洗礼を受けたとき、天が開き神の霊が鳩のように降り立ったと書かれています。 罪のないイエスが洗礼を受けるという、不思議なシーンです。 聖書にはない記述ですが、洗礼は人の子としての儀式であり、イエスには生まれたときから神の声が聞こえていたなら、という想像のもと幼いイエスのもとに霊が訪れるシーンを描いてみました。

press to zoom
Exhibition view
Exhibition view
press to zoom